浅草神社で結婚式を挙げました!私の体験談

浅草神社の鳥居

最近トレンドの結婚式は、和装。結婚式といえば教会でウエディングドレスというイメージがありましたが、伝統的な和装結婚式の人気が上がっています。

ホテルや結婚式場で行う和装も人気ですが、圧倒的に人気が上がっているのが、神社で行う本格和装結婚式ではないでしょうか?

新郎は黒五つ紋付き羽織袴(くろいつつもんつきはかまおり)をきて、新婦は白無垢(しろむく)もしくは、色打掛(いろうちかけ)、引き振袖(ひきふりそで)などの和装で厳かに、結婚式をとりおこないたいという方が増えています。

東京で人気のある神前式は、浅草神社で行う神前式。

浅草は言うまでもなく観光地。日頃から観光客の多い地域ではありますが、そんな中で、厳かな結婚式が行えると言うこともあり、とても人気が高い結婚式です。

私は浅草神社で結婚式を挙げました。

浅草寺の前で、人力車に乗って、白無垢姿で写真を撮りたいって思ったことと、神前式に憧れたこと、そして、浅草神社の夫婦狛犬のようにいつまでも彼とずっと一緒にいたいと思ったことが、浅草神社であげるきっかけになりました。

浅草神社の結婚式のすすめかた

浅草神社で結婚式を挙げようと思っても何をどうしたらいいのかわからないっていう方は多いのではないでしょうか?

私もそうでしたから…

浅草神社は結婚式しかできません。

そのため浅草神社での挙式後に披露宴や、食事会など、結婚式に参列してくださった方と楽しむ時間を作りたい方は、場所を用意しなくてはなりません。
つまり、披露宴会場もしくは、お食事会場を用意しなくてはならないのです。

方法は3つ

  • 浅草神社で挙式するプランを持っている披露宴会場に絞って探す
  • 結婚式をコーディネートしてくれる業者に頼む(提携会場を紹介してもらう)
  • 自分で披露宴会場を探す

費用

浅草神社の挙式のみなら10万円前後
浅草神社の結婚式+食事会なら、40名 100万前後でいけるのではないでしょうか?
浅草神社の挙式、衣装、お色直し、テーブル装飾、食事代、カメラ撮影など、全ての総額です。
あとは、それぞれのものをどのくらいランクアップしていくのか?ということで変わってくると思います。
私たちがやった結婚式は、色直しもして、写真もついて、40名のゲストで、だいたい200万くらいで抑えられました。
浅草神社の結婚式のあとを、披露宴という形ではなく、お食事会という形にしました。華やかというよりは、しっとり厳かに、したかったからです。
ただ、自分たちでいうのもなんですが、お料理やおもてなしという面ではかなり豪勢にできたと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする